Menu

傷病と障害年金の種類

17年11月30日

松葉杖障害年金の受給要件の中に傷病がありますが、この傷病により障害年金がもらえるケースがあります。傷病にも色々な傷病がありますが、現状、ほとんどの傷病がこの障害年金受給対象となり、逆に対象とされない傷病は少ないと言えます。それではその対象とならない傷病にはどのような傷病が含まれているのでしょうか?

実際には6つの傷病だけが障害年金受給対象外となり、その障害とは、鼻腔機能の障害・人格障害や神経症・神経系統の障害・呼吸器疾患による障害・肝疾患による障害・高血圧のみです。

そして、障害年金と一言で言ってもその障害年金には3種類あります。それは障害基礎年金と障害厚生年金、障害共済年金となります。これは一般的な年金と同じ扱いで、まず障害基礎年金はいわゆる国民年金と呼ばれる年金に入っていればもらえる年金です。そして障害厚生年金は民間企業に勤めている方などがもらえる年金。共済年金は学校の先生などが加入している年金です。ただし、障害年金の場合、年金支払い義務が発生する20歳前の方も対象になってくる為、もし年金を払っていない対象者がいた場合は、障害基礎年金を受給してもらう流れとなります。そして、20歳前に厚生年金や共済年金に加入している場合もありますので、その場合は当然のことながら障害厚生年金、障害共済年金をもらえるということになります。

未分類

障害年金受給の難しさ

17年11月28日

相談障害年金と呼ばれる公的年金制度。最大のネックは申請書類の多さで、その多さや複雑さから一般人が申請をするのは難しいとされています。最近では社会保険労務士などのプロにお金を支払い障害年金を受給するケースも多くあります

そんな申請書類が多い障害年金ですが、申請書類を揃えたからと言って必ずもらえる年金ではありません。障害年金の受給資格はとても複雑ですが、申請書類はあくまでも障害年金をもらえるかどうかを判断する為だけの基準に過ぎません。従って、申請書類を提出してからが本当の意味で障害年金をもらえるかどうかを判断されるわけです。書類審査には実際の障害状態や治療や生活状況の経過等が基準に該当しているかを記載しなければならないのですが、この部分で障害年金をもらえるかが判断されます。受給要件を満たしていれば誰でももらえる年金ではないのです。遺族年金などのように要件を満たし書類に不備がなければ申請が受理され、後日に年金証書が郵送され、年金事務所で試算してもらった年金見込額通りに振り込まれるのを待つだけの年金とは大きく異なります。

ただし、たとえ申請が通らなくてその審査結果に対し不服があるということであれば不服申し立てによる審査の再請求などを求めることが可能です。掛かる費用も請求書類の郵送料程度です。審査の再請求件数は年々増加していますが決定を覆すことはなかなか難しいのが現状です。

未分類

障害年金の申請

17年11月27日

おばあちゃん精神的、身体的に何らかの障害を抱えており、仕事をすることができない方などがもらえる障害年金と呼ばれる制度。この障害年金は該当していれば誰でもがもらえる制度ではなく、お金をもらう為には、多くの段階を踏んでいかなければなりません。障害年金をもらう為に一番のネックとなることがあります。それは申請書類の多さです。

申請書類を頑張って集めたり、記入したりしても良いというわけではなく、その申請書類の審査も当然のことながら発生してきます。せっかく揃えた申請書類でもその審査結果によっては支給対象に該当がされず、障害年金が支給されないことなんてことも多々ある年金がこの障害年金なのです。

この障害年金は基準が高く、申請書類が受理されても提出書類に不備があることから、その申請書類が戻されることもあり、その場合、申請書が受理された日付も抹消されてしまい、再提出した日付が提出日となってしまいます。提出日が伸びてしまえばその分、障害年金をもらえる日が後になってしまい、非常に厄介な年金制度と言えるでしょう。このようなことも非常に多くある障害年金である為、自分で申請を行うのではなく、社会保険労務士などが障害年金申請代行をするケースも増えてきており、プロに任せて最近ではこの障害年金を支給してもらうという場合もあります。

未分類

障害年金とは?

17年11月24日

20歳以上の方に支払い義務がある年金。一般的には定年退職後にもらえるお金ですが、働いている期間にしっかりと年金を支払っていないと当然のことながらもらうことはできないお金です。そんな年金ですが、年金にも種類があり、一般的にはあまり知られていない障害年金という年金をみなさんはご存知でしょうか?今回は障害年金についてみなさんにご紹介させていただきます。

障害年金は怪我や病気が原因で精神的、または身体的に障害をお持ちの方で、仕事をする時や日常生活を送る上で支障が生じてしまう方にお金を支給する公的な制度です。この障害年金の受給資格は、収入や財産など経済的な事情や家族構成などは全く考慮されない年金です。また自身が発症したその障害の状態が重いか軽いかだけでお金を支給される制度でもありません。

診察障害年金は一般の年金とは異なっていて年齢が若い方でももらえる年金です。しかし、若い年代この障害年金を取得する為には制約が発生します。それは病院の初診日を起点に、それまでの保険料の納付率が一定以上でなければ20歳前を除き、障害年金の申請すら認めてもらえない制度なのです。ただ、初診日に年金制度に未加入で保険料を全く納めたことがない若者でも受給できる20歳前障害年金という制度もあります。
このようにこの障害年金と呼ばれる制度は受給要件が少し複雑であり、また申請手続きや申請書類も多いことから、なかなか申請が受理される機会が少ない年金制度であると言えます。その為、本当はもらえる方でもこの申請を避けてしまい、障害年金を受給していないケースも多々見られます。

未分類