Menu

障害年金受給の難しさ

0 Comment

相談障害年金と呼ばれる公的年金制度。最大のネックは申請書類の多さで、その多さや複雑さから一般人が申請をするのは難しいとされています。最近では社会保険労務士などのプロにお金を支払い障害年金を受給するケースも多くあります

そんな申請書類が多い障害年金ですが、申請書類を揃えたからと言って必ずもらえる年金ではありません。障害年金の受給資格はとても複雑ですが、申請書類はあくまでも障害年金をもらえるかどうかを判断する為だけの基準に過ぎません。従って、申請書類を提出してからが本当の意味で障害年金をもらえるかどうかを判断されるわけです。書類審査には実際の障害状態や治療や生活状況の経過等が基準に該当しているかを記載しなければならないのですが、この部分で障害年金をもらえるかが判断されます。受給要件を満たしていれば誰でももらえる年金ではないのです。遺族年金などのように要件を満たし書類に不備がなければ申請が受理され、後日に年金証書が郵送され、年金事務所で試算してもらった年金見込額通りに振り込まれるのを待つだけの年金とは大きく異なります。

ただし、たとえ申請が通らなくてその審査結果に対し不服があるということであれば不服申し立てによる審査の再請求などを求めることが可能です。掛かる費用も請求書類の郵送料程度です。審査の再請求件数は年々増加していますが決定を覆すことはなかなか難しいのが現状です。