Menu

障害年金とは?

0 Comment

20歳以上の方に支払い義務がある年金。一般的には定年退職後にもらえるお金ですが、働いている期間にしっかりと年金を支払っていないと当然のことながらもらうことはできないお金です。そんな年金ですが、年金にも種類があり、一般的にはあまり知られていない障害年金という年金をみなさんはご存知でしょうか?今回は障害年金についてみなさんにご紹介させていただきます。

障害年金は怪我や病気が原因で精神的、または身体的に障害をお持ちの方で、仕事をする時や日常生活を送る上で支障が生じてしまう方にお金を支給する公的な制度です。この障害年金の受給資格は、収入や財産など経済的な事情や家族構成などは全く考慮されない年金です。また自身が発症したその障害の状態が重いか軽いかだけでお金を支給される制度でもありません。

診察障害年金は一般の年金とは異なっていて年齢が若い方でももらえる年金です。しかし、若い年代この障害年金を取得する為には制約が発生します。それは病院の初診日を起点に、それまでの保険料の納付率が一定以上でなければ20歳前を除き、障害年金の申請すら認めてもらえない制度なのです。ただ、初診日に年金制度に未加入で保険料を全く納めたことがない若者でも受給できる20歳前障害年金という制度もあります。
このようにこの障害年金と呼ばれる制度は受給要件が少し複雑であり、また申請手続きや申請書類も多いことから、なかなか申請が受理される機会が少ない年金制度であると言えます。その為、本当はもらえる方でもこの申請を避けてしまい、障害年金を受給していないケースも多々見られます。