Menu

障害年金の申請

0 Comment

おばあちゃん精神的、身体的に何らかの障害を抱えており、仕事をすることができない方などがもらえる障害年金と呼ばれる制度。この障害年金は該当していれば誰でもがもらえる制度ではなく、お金をもらう為には、多くの段階を踏んでいかなければなりません。障害年金をもらう為に一番のネックとなることがあります。それは申請書類の多さです。

申請書類を頑張って集めたり、記入したりしても良いというわけではなく、その申請書類の審査も当然のことながら発生してきます。せっかく揃えた申請書類でもその審査結果によっては支給対象に該当がされず、障害年金が支給されないことなんてことも多々ある年金がこの障害年金なのです。

この障害年金は基準が高く、申請書類が受理されても提出書類に不備があることから、その申請書類が戻されることもあり、その場合、申請書が受理された日付も抹消されてしまい、再提出した日付が提出日となってしまいます。提出日が伸びてしまえばその分、障害年金をもらえる日が後になってしまい、非常に厄介な年金制度と言えるでしょう。このようなことも非常に多くある障害年金である為、自分で申請を行うのではなく、社会保険労務士などが障害年金申請代行をするケースも増えてきており、プロに任せて最近ではこの障害年金を支給してもらうという場合もあります。